スポンサーリンク

【ソロキャンプ】料理ができる焚き火台!ピコグリルなどおすすめ!!

takibidai Campギア

ソロキャンプと言えば、少ない荷物で、がっつり楽しむ。

キャンプするなら、焚き火がないと楽しめません。

焚き火は、天然のライトになり、温まれて、調理ができる万能アイテムです。

そこで今回は、小さく収納できて、調理ができるソロキャンプ向けの焚き火台を紹介していきます。

スポンサーリンク

ピコグリル398

一番に紹介したい焚き火台は、やはりキャンプYouTuberヒロシさんが使っている

ピコグリル398です。


ピコグリルなぜ売れる?

ピコグリル398は、大きさ33,5cm×23,5cm厚さ1cm収納ケースに収まってしまいます。

A4のコピー用紙くらいです。

重さは、450gとなっていて、ものすごく軽くて小さいので、バックパック一つでキャンプに行く人には、最適ですね。

ソロキャンプ用の焚き火台として販売されているものは、薪を入れるスペースも狭かったりするものが多いので、薪を細かくしなくてはいけません。

ピコグリルで一番のおすすめポイントと言えば、大き目の薪も使えることです。

スペースが広いので、寒いときなど薪を多めに入れても大丈夫でした。

便利に使えるスピット(串)

スピットが、2本付属でついています。

スピットは、パンをさしたり、ウィンナーをさしたりして焼くこともできますが、スピットをフレイム上部に渡せば、五徳(載せる台)として使えるようになります。

五徳があれば、鉄板、フライパン、ケトルなどなど、調理の幅が広がりますね。


バンドック焚き火台LOTUS(ロータス)


バンドック焚き火台ロータスは、コンパクトな焚き火台の中でも、組み立てたサイズが370mm×370 mm大き目な構造です。

デザインもオシャレで、ソロで焚き火を楽しむのに、オススメの焚き火台ですね。

専用の網が付いているので、網でステーキ焼いたり、焚き火を見ながらケトルでお湯を沸かして、挽きたてコーヒーを飲む。

絵になる焚き火台ですね。


DUCKNOT焚き火台BST(スパッタシート付き)


ダックノットの焚き火台は、収納ケースから出して開いて置くだけで、設置完了です。このタイプの焚き火台で、ワンタッチで設置できてしまうのは、すごいと思いました。
収納ケースのデザインがまたオシャレで、小さくまとまるので、ソロキャンプのための焚き火台って感じですね。
また、五徳が考えられた作りで、裏と表を使い分けることで、高さ調整ができてしまいます。
スパッタシート(焚き火から地面を守るシート)が付いているので、芝生のサイトでも安心して使えます。
ピコグリルもそうですが、このタイプの焚き火台は、地面と接地面が低いので直火感覚で焚き火が楽しめてしまいます。

ベルモント(Belmont)焚き火台TABI


軽量でコンパクトながら、大き目の薪も使えるサイズです。

燃焼効率もよく、焼き網も付いているので、料理もしやすい焚き火台になっています。

付属の網には、ズレ防止加工がしてあるので、クッカーや、ケトルなど火にかけても安定感も抜群です。

火床には、チタニウムの0,3mm厚を採用したため、軽量と強さを実現しました。

収納時のサイズは、178mm×360mm×15mmと、かなり小さくなるので持ち運びは、かなり便利です。


格安類似品に注意

ピコグリルから始まり小さく収納できるタイプのものは、かなり類似品がでまわっています。
中にはしっかり作られているものもあるかもしれませんが、安さに負けて買って使ったら、すぐ壊れてしまったなんてことになるかもしれません。
安いからまた買えばいいと、思える人はいいのですが、私もこういう経験したことあるので、その辺も踏まえたうえで購入するのをおすすめします。

 スノーピーク焚き火台Mスターターセット


スノーピークと言えば、ソロキャンプのイメージはないと思いますが、大は小を兼ねるということで、紹介していきます。

スノーピークの焚き火台は、ピラミッド型のデザインもいいのですが、修理が必要ないくらい頑丈に作られています。

欠点があるとすれば、重さです。

私の住んでいる地域では、車がないと生活できない地域なので、重さはあまり気にしないのですが、バックパック一つでとなると厳しいですね。

しっかりした収納ケースがあるので、車で行ける方、長く使いたい方には、おすすめです。

スターターキットのセット内容
  • 焚き火の熱から守る焚き火台ベースプレートM
  • 燃焼部分を底上げしてくれる炭床ProM
  • オシャレな焚き火台Mコンプリート収納ケース

まとめ

焚き火台は、キャンプを楽しむために必要なものです。

自分のキャンプスタイルに合った焚き火台は見つかりましたか?

最近のキャンプサイトで、直火OKの場所は少ないと思うので、一台持っておけば、直火NGのキャンプサイトでも焚き火が楽しめます。

【ソロキャンプ】あれば便利でオシャレなサイドテーブル!!

 

最後までみていただきありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

コメント