ハイエース車中泊にピッタリのカーサイドタープ!固定はこれで決まり

ハイエースカーサイドタープ 車中泊

カーサイドタープをつけたいけど、自分の車につけることができるだろうか?カーサイドオーニングを取り付けたいけど、費用が結構かかりそうだなぁ、なんて悩んでいたりしませんか?

ハイエースなど、レインモール(雨どい)が付いている車なら、しっかり固定できるキャンプギアがあります。今回は、取り付けも簡単で、低価格でしっかりカーサイドタープを固定できる、オススメのアイテムを紹介していきます。

スポンサーリンク

カーサイドタープの魅力

カーサイドタープ

カーサイドタープは、暑い夏は日よけとして、雨の日は屋根として活躍してくれます。

お泊りキャンプじゃなくても、バーベキューやデイキャンプや車中泊を楽しむ際にも、便利に役立ってくれます。

「今日は、テントを張らずに車中泊で楽しみましょう」

というときには、ちょっとしたリビング空間として使えるので、楽しめること間違いなしです。

おすすめポイント

カーサイドタープの固定方法は、車を軸としてガイロープとペグで固定するので、しっかり設置できます。製品や張り方にもよりますが、風にあおられても倒壊しにくく、安定性に優れています。

スポンサーリンク

カーサイドタープとオーニングとの違い

「カーサイドタープとカーサイドオーニングの違いは何?」

と、思う方も多いと思います。実際に、私もわからなかったので、少し紹介していきます。

オーニング

オーニングイメージ

カーサイドタープと聞くと、キャンピングカーや車に固定してあるタープを、伸ばして設置するものを、カーサイドタープと思う方も多いと思いますが、固定してあるものをオーニングと言います。

オーニング

オーニングとは、カーキャリアの横につけるものなどが多いので、取り付けるだけで10万円以上かかってしまいます。コストを気にしない方には、カーサイドタープより安定感抜群の、オーニングがおすすめかもしれません。

カーサイドタープ

ハイエースカーサイドタープ

カーサイドタープとは、必要な時にフックをつけて張るタープを、カーサイドタープと言います。カーサイドタープなら、物にもよりますが、1万~2万円くらいの低コストで張ることができますし、車が乗り入れできない場所でも、タープとして使えるので、多様出来るカーサイドタープの方が使い道が広がります。

スポンサーリンク

ハイエースのカーサイドタープ取り付けに必要なもの

カーサイドタープ

今回、紹介するカーサイドタープの取り付けに必要なものは、3つあります。

  • 車とタープを連結するフック
  • タープ
  • タープを支えるポール

一つ一つ詳しく紹介していきます。

車につける固定フック

キャプテンスタッグカージョイント

キャプテンスタッグカージョイント

オススメの固定フックが、キャプテンスタッグカージョイントです。

キャプテンスタッグカージョイントは、レインモール(雨どい)に、ねじ式でしっかり固定できるので簡単には、外れません。しかも考えられた作りで、固定する車との接地面に、ポリエステル樹脂(ゴムのようなもの)でコーティングしてあるので、車を傷つけることなく設置可能なんです。

私は、タープの端と端をカージョイント使って固定しています。もっとしっかり固定したい方は、真ん中にカージョイント追加することで、強度があがるはずです。

レインモール

取り付けたままドアの開閉ができるのも、おすすめポイントの一つです。

ドアの開閉


タープ

ハイエースの長さを生かして、ジャストフィットするサイズが3mです。この長さを最大限に生かして設置できる、オススメのカーサイドタープが、DDタープ3×3です。

DDタープ


穴

DDタープは、ガイロープを固定したりペグを差し込む穴が、3×3のサイズ(サイズによって変わります)は、4面に5か所ずつあるので、タープをしっかり固定できます。しかもタープ単体としても、いろいろな張り方を楽しめるので、おすすめ。

ダイヤモンド張り

車中泊の時はカーサイドタープとして使い、車が乗り入れできない場所ではタープとして使い、ソロの時は、ダイヤモンド張りでワイルドにソロキャンプ、なんて感じにも楽しめてしまうのが、オススメポイントなんです。

Morifukuタープテント

タープ

日よけをメインで使いたい方は、Morifukuのタープがオススメ。裏面にブラックガムコーティングしてあって、紫外線カット率99.5%で、雨にも強いんです。固定に使う穴も、DDタープと変わらないので、いろんな張り方を楽しめます。


伸縮できるポール

伸縮できるポール

伸縮できるポールがあれば、カーサイドタープだけじゃなく、テントやタープに使用できるのでオススメです。(ハイエースは190cmくらいがベスト)できれば、直径が太い物の方が、突風などで折れる心配がなくなるので太いものがいいです。

自分は、直径280mmのものを使用しています。風が吹いても、曲がる感じもしないので安心して使えてますよ。



ガイロープ、ペグ

ガイロープは、ポール一本に対して、二本引っ張ると安定します。

ペグに関しては、テントやタープについてくる純正のものは、ペグダウンの際に、石などにぶつかるとすぐ曲がってしまうし短いので、30cmくらいのペグを4本くらい持っていると、何かと多様出来るので、あると便利ですよ。



カーサイドタープの弱点

カーサイドタープの一番の弱点は、設置した後に、車を動かせないことです。キャンプや車中泊に、けっこう行っていると、

「あれ買うの忘れちゃった・・・。」

なんて経験ありませんか。

そんなときのために、忘れ物や買い忘れたものはないか、カーサイドタープ設置前にチェックするようにしましょう。

チェックするだけで、弱点は解消されますよ。

カーサイドタープまとめ

デイキャンプイメージ

ハイエースに、シンデレラフィットのカーサイドタープはいかがでしたか。

カーサイドタープがあれば、車中泊の時はカーサイドタープとして使い、車が乗り入れできない場所ではタープとして使い、ソロの時は、ダイヤモンド張りでワイルドにソロキャンプといったように楽しみ方が広がります。これからのキャンプを楽しむためにも、カーサイドタープを、取り入れてみてはいかがですか。

最後までみていただきありがとうございました。

キャンプ車中泊にハイエース!便利グッズで最高のバンライフ!
私は、楽しいバンライフにあこがれて、ハイエースを買いました。車中泊で家族と小旅行をしたり、キャンプに行ったりと楽しみが膨らみます。そんな車中泊で、「これがあると便利だった」というものや、車中泊になくて困ったものなど、車中泊をやって初めて気づ...
キャンプ車中泊で一つあれば便利に役立つシングルバーナー!厳選3種
こんにちは、ボブです。一つあれば便利に使えてしまうシングルバーナーを紹介していきます。 シングルバーナーはどんな時につかえるのか? 自分のキャンプスタイルに合ったシングルバーナーは、どんなメーカーのものなのか、など紹介していきた...
アウトドア扇風機CLAYMOREクレイモアで暑いキャンプを快適に
夏の暑い時期のキャンプは、暑すぎるから行きたくないという方も、いるのではないでしょうか。暑い時期でも、焚き火をしながら快適にすごせるキャンプギアがあれば、もっとキャンプを楽しめるはず。なんとそんなキャンプギアがあるんです。アウトドアで使える...
LEDランタンならゴールゼロ!本家の性能が一番 カスタムし放題
LEDランタンの中でも、大人気のゴールゼロ。少し前までは、品薄状態でなかなか定価で、手に入れることはできませんでした。 品薄状態の間に、続々と類似品が発売されました。ですが、スペック的に本家ゴールゼロを超えることはできたのか。 ...
バトニングができる最強のフルタングナイフ!おすすめ!2024
実は私、ナイフに興味がありませんでした。 キャンプ仲間の一人が、 「フェザースティックを作って、ファイヤースターターで焚き火をする」 から始まりました。 最初は、モーラナイフでフェザースティックを作っていたのですが、次のキャンプの時...

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント