薪ストーブは男のロマン!冬キャンプの必需品!厳選してオススメ

Gストーブ 冬キャンプ

冬キャンプ楽しんでますか?冬キャンプを楽しむためには、暖房器具が必需品です。ガスストーブ、石油ストーブ、薪ストーブなどありますが、今回は無骨で楽しみながら暖まれる、薪ストーブを紹介していきます。

キャンプ向けの薪ストーブは、暖まるだけじゃなく、料理をしたりお湯を沸かしたりと機能的にも楽しめます。その中でも使ってみて良かったものなど、厳選してオススメを紹介していきます。

スポンサーリンク

薪ストーブのメリット・デメリット

薪ストーブのメリット

薪ストーブイメージ

薪ストーブの一番のメリットと言えば、楽しみながら暖まれることです。薪を割って、炎が揺らぐのを見ながら、ゆっくり時間すぎるのを楽しむ。至福の時間です。どことなく、焚き火を楽しむのに似ている感じですね。キャンプで焚き火好きの方には、オススメの暖房器具と言えます。

薪ストーブで料理

薪ストーブがあれば、料理が作れてしまいます。ケトルを上げて置けばお湯を沸かすことができますし、フライパンやスキレットがあれば、料理も作れてしまいます。土鍋で、おでんや鍋ものもできますね。

薪ストーブでピザ

薪ストーブの下でピザ

薪ストーブの上と下を使えば、両面焼きたいピザも、簡単に焼くことができます。そしてグラタンやドリアなどの手の込んだ料理も、キャンプ場で作らなくても、前の日に仕込んでいけば、焼くだけで楽しむことができてしまいます。

冬キャンプに必要な暖をとる、料理を作るといったすべてが、薪ストーブの一つの熱源でこなせてしまうのが、一番のオススメポイントです。

薪ストーブのデメリット

薪ストーブ

薪ストーブのデメリットは、重いことと、設置と撤収が大変です。ですが、このくらいのデメリットを吹き飛ばしてくれるくらいの楽しみが待っています。私が焚き火が好きだからというのもありますが、薪を入れながら、揺らぐ炎を見ながら、おつまみを作りながら、お酒を飲む。贅沢な時間です。

スポンサーリンク

薪ストーブの選び方と知っておくべきこと

選ぶ重要ポイント

調整ネジ

空気調整ができるものです。大体のものはついていますが、格安のものは、調整できなかったり付いてないものもあるみたいなので、よく調べてから購入をおすすめします。空気の調整で、火力を上げたり消したりすることができるので、重要ポイント。

煙突を固定するガイロープだったり、煙突が短いなどもありえますので、薪ストーブのセット内容と自分のテントに設置できるかをよく確認して購入しましょう。

 

知っておくべきこと

ナンガの寝袋

冬キャンプに薪ストーブがあれば、寝るときも暖かいまま寝れると思っている人もいると思いますが、寝具を冬用のものにしないと、寒くて夜中に起きてしまいます。一回目が覚めると体が冷えきっているので、なかなか眠れなくなります。身をもって経験したので間違いありません。

「つけたまま寝ればいいのでは?」

と思う方もいると思いますが、一酸化炭素中毒のリスクがあります。

一酸化炭素中毒が最重要項目です。薪ストーブに限らず、石油ストーブやガスストーブでも一酸化炭素中毒の可能性があります。必ず一酸化炭素チェッカーが必要です。



スポンサーリンク

薪ストーブのオススメ

G Stove(ジーストーブ)

Gストーブ

Gストーブは、無骨で頑丈な作りになっています。両脇に置き台が付いているので、料理やケトルなどを置いて置けば保温することができます。

Gストーブの一番のオススメポイントは、ほかにはない無骨なデザイン性を持ちながら、性能もしっかりしていることです。

  • 組み立て時(高さ)240cm(煙突の高さ)
  • 組み立て時(幅)22cm
  • 組み立て時(奥行き)39cm
  • 組み立て時(脚)42cm×42cm
  • 収納サイズ:24cm×42cm×33cm
  • 重量:約9.3kg
  • 素材:ステンレススチール

ウィンナーウェル

ウィンナーウェルのオススメポイントは、サイドがガラスなので、炎が揺らぐのを楽しみながら暖まれます。炎を見ながら楽しみたいかたにオススメ。

  • 素材:ステンレス304
  • 組立サイズ:380 x 200 x 高さ2260mm(ストーブ+煙突)
  • 収納サイズ:380 x 200 x 高さ210mm
  • パイプの直径:63mm/2.5in 重さ:約10kg


テンマクデザイン

テンマクデザインの2023モデルのものが、両面ガラスで個人的にもおすすめです。次に購入するならテンマクデザインが欲しいです。

  • 本体素材:ステンレス304
  • カース収納サイズ:(約)L:695×W:300×H:310mm
  • 組立サイズ:(約)L:570×W:526×H:2230mm
  • パイプ直径:φ76mm
  • 重量:本体(約)10.32kg、収納ケース(約)1.22kg


バンドック薪スト

バンドック薪スト

さすがバンドックというくらいのコスパの良さ。必要なものがセット内容にそろっていて16500円で買えてしまいます。薪ストーブ入門に最適です。

  • 本体サイズ/約420×180×1950mm 煙突サイズ/約φ50.8×370mm 収納サイズ/420×180×240mm
  • 材質/スチール(耐熱塗装)・耐熱石英ガラス(耐熱温度1000〜1100度)
  • 重量/約7.5Kg


薪ストーブをもっと快適に

ストーブファン

ストーブファン

ストーブファンは、電池やコンセントを使用せずにストーブの熱を利用して、ファンを回転させて暖かい空気を循環させる装置になります。テント内では特に、薪ストーブや石油ストーブの暖かい空気は天井付近に溜まりがちになるので、ストーブファンを使うことで暖まりにくい足元に、暖かい空気を送ることができる優れものです。

温度計がセットのものがあったり価格帯も2500円位からと、手に入れやすい価格のものが多いので、ストーブとセットで使うのがオススメ。

 



薪ストーブのまとめ

薪ストーブ

自分好みの薪ストーブはみつかりましたか?

薪ストーブは、無骨なキャンプスタイルが好きな方や、焚き火が好きな方には、持ってこいの暖房器具です。どんなキャンプギアでもそうですが、妥協して購入したものは、また買いなおしたくなったりしますので、欲しいものを厳選して購入することをオススメします。

最後までみていただきありがとうございました。

ワイルドに使える鉄のフライパン!オススメを厳選!焚き火の相棒に

バトニングができる最強のフルタングナイフ!おすすめ!2023

「もう失敗したくない」メスティン炊飯!ご飯を美味しく炊くコツ

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント