パンダTC+は最強のソロテント!冬の薪ストーブにも相性抜群

パンダTC Campギア

一年中使えるソロテントをお探しですか。そんなテントが、テンマクデザインのパンダTC+。ワンポールテントで設営も簡単なので、キャンプを楽しむ時間も増やせます。何より一年中使えるというのが、最高のパフォーマンスです。今回は、人気のテンマクデザインのパンダTC+を詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

テンマクデザインとパンダTCとは

テンマクデザインは、アウトドアショップ「WILD-1」ワイルドワンがプロディースするオリジナルブランドです。日本のメーカーということもあり、アウトドア好きにはたまらない商品を、次々とプロデュースしているブランド。

そんなテンマクデザインの中でも、大人気のソロテントがパンダTCなんです。日本のブランドということもあり、見た目もオシャレで、機能的にも充実。キャンプ好きにはたまらないテントの一つですね。

スポンサーリンク

パンダTCからパンダTC+に進化しました

パンダTC

今も人気のテンマクデザインパンダTCですが、廃盤になっています。ですが、パワーアップしてパンダTC+になって販売されています。

写真のテントの右奥がパンダTC+で、手前がパンダTCになります。パット見た感じでは、わからないかもしれませんが、大きな変更点としてスカートが付いたことです。

パンダTCにスカートが付いたことで、虫対策や寒さ対策が大幅にアップしたことで、言うこと

自分が持っているのは、パンダTCなので、余裕ができたらパンダTC+に、バージョンアップしたいですね。


スポンサーリンク

初心者にも扱いやすいワンポールテント

ワンポールテントがなぜ初心者にも扱いやすいかと言うと、ワンポールテントは、設営と撤収がすごく簡単です。パンダTCを例に挙げると、4つの角をペグダウンして、真ん中にポールを立てれば設営完了。

微調整は必要ですが、設営と撤収の時間を短縮することで、その分キャンプを楽しむ時間を増やせるのでワンポールテントはオススメですよ。


パンダTC+は焚き火好きにオススメ

テンマクデザインのパンダTCは焚き火に強いんです。TC(ポリコットン)素材は、焚き火の火花が少し当たったくらいでは、穴は開きません。

私は焚き火が好きなので、キャンプの度に焚き火をします。パンダTCを3年使っていますが、穴は開いておりません。

テントの素材に多いのが、ポリエステルやナイロンなどは、少しの火花でも当たれば間違いなく穴が開きます。焚き火が好きな方には、TC素材がオススメというわけです

パンダTC+は薪ストーブと相性抜群

Gストーブ

冬キャンプで薪ストーブを使うのは、結構レベルが高いことだと思っていたので、なかなか挑戦できなかったんですが、使ってみたら最高に楽しいことに気づきました。

薪ストーブは、暖まりながら料理が作れて、薪を入れながら焚き火感覚で楽しめるサイコーのストーブ。

炎を見ながらお酒を飲めるのは、至福の時間ですよ。

冬キャンプ

薪ストーブを使うには、薪ストーブ用に煙突の穴が開いているテントか、TC素材のテントが必要になってきます。パンダTC+は煙突穴が開いていませんが、出入り口のファスナーとマジックテープを使うことで煙突を出すことができるんです。

最初は、煙突の熱で「テントが燃えるのではないか」と不安で熱対策をしていたのですが、思ったよりメッシュのプロテクターは熱くならないので心配しすぎでした。

一応ですが、プロテクター無しの煙突だと、熱くなるので注意しましょう

テンマクデザインパンダTC+の基本スペック

パンダTC

大人気のテンマクデザインのパンダTCの基本情報を紹介します。

  • フライシート:コットン混紡生地(TC)ポリエステル65%コットン35%(撥水加工)
  • インナーウォール:ポリエステルメッシュ
  • インナーボトム:ポリエステルタフタ68D(PUコーティング)
  • ポール:アルミ製4本継ぎ(φ22mm/1,700mm)×1本耐水圧
  • インナーボトム:1,500mm収納サイズ(約)530×270×190(高)mm組立サイズ
  • フライシート:(約)2,700×2,700×1,700(高)mm
  • インナーテント:(約)2,500×1,150×1,550(高)mm重量
  • 総重量:(約)6.28kg(ポール/ペグ/張り綱/収納ケース含む)
  • 本体:(約)4.38kg(フライ/インナー)
  • 収納ケース:(約)260g原産国ベトナム/バングラデシュその他※ロットにより原産国が異なる場合もあり。
  • 価格:34980円

引用:テンマクデザイン


TC(ポリコットン)素材の特徴

TCのメリット

TC(ポリコットン)素材のいいところは、夏は涼しく冬は熱を逃がさない仕様なので、一年中使うことができる優れもの。しかも、パンダTCからパンダTC+にバージョンアップしたことで、スカートが付いて、夏は虫対策、冬は寒さ対策ができたことで、最強のソロテントがもっと進化しました。

TC素材の一番のメリットは、火に強いことです。TC素材のテントは、焚き火が好きな方には最高の素材というわけです。

TCのデメリット

TC(ポリコットン)素材の最大のデメリットは、重いことです。TC素材のテントを使用するうえでは、オールシーズン使える最強のテントですが、重いのだけが難点です。

ULスタイルの徒歩キャンパーにとっては、厳しいかもしれませんが、キャンプに車で行く人にとっては、重さのデメリットは解消できるので、テントをオールシーズン使いたい人には、TC素材はオススメですよ。

パンダTC+のまとめ

キャンプイメージ

テンマクデザインのパンダTC+は、いかがでしたか。

テンマクデザインのパンダTC+は、デザインもシンプルでオシャレなテント。オールシーズン使えて焚き火にも強い。そして、薪ストーブも使えてしまう、言うことなしのテント。

自分が持っているのは、まだパンダTCですが、近いうちにパンダTC+に買い替えるつもりです。最強と言ってもいいのではと思うくらい大好きなテントです。

最後までみていただきありがとうございました。


テンマクデザイン公式ホームページ

キャンプの焚き火台!オシャレなものから定番のものを厳選!2024
キャンプに、欠かせないものの一つが、焚き火です。 焚き火は、料理したり、眺めたり、キャンプファイヤーしたりすることが、キャンプの楽しみの一つですよね。 そこで今回は、焚き火が何で必要なのか、どんな焚き火台を選べばいいのか、オスス...
薪ストーブは男のロマン!冬キャンプの必需品!厳選してオススメ
冬キャンプ楽しんでますか?冬キャンプを楽しむためには、暖房器具が必需品です。ガスストーブ、石油ストーブ、薪ストーブなどありますが、今回は無骨で楽しみながら暖まれる、薪ストーブを紹介していきます。 キャンプ向けの薪ストーブは、暖まるだけ...
バトニングができる最強のフルタングナイフおすすめ!ブッシュクラフト
実は私、ナイフに興味がありませんでした。キャンプ仲間の一人が、「フェザースティックを作って、ファイヤースターターで焚き火をする」から始まりました。そこから「バトニングができるフルタングナイフがほしい」に変わってフルタングナイフに目覚めてしま...
ワークマンからバトニングができるフルタングナイフがデビュー!
続々とキャンプ用品を開発しているワークマンから、ついに「フルタングナイフ」が発売されました。 最近のワークマンと言えば、キャンプブームに乗って、たくさんのお手頃価格のキャンプ用品リリースしてくれています。私もワークマンのアウトドアグッ...

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント