人気のIMCO(イムコ)ライター ギミックがキャンプにオススメ

イムコのライターイメージ Campギア

キャンプに使う、カッコイイライターをお探しではないですか?

私はキャンプでも使える、カッコイイライターにやっと出会いました。それが人気のIMCO(イムコ)ライターなんです。焚き火に火をつけるときは、ファイヤースターターでつけるのもいいですが、IMCO(イムコ)ライターでつけるのも、ワイルドでオシャレなんです。そんなIMCO(イムコ)のライターを詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

歴史があるIMCO(イムコ)オイルライター

火をつける

IMCO(イムコ)は、1907年にオーストラリアで、金属製造メーカーとして創業。ライター製造は、1918年から開始。なんと100年前から作られていたんです。シンプルで機械的なオイルライターが、当時から根強い人気で、わたしもファンの一人です。

スポンサーリンク

IMCO(イムコ)オイルライターの人気の秘密

イムコのライターイメージ

IMCO(イムコ)オイルライターの人気の秘密と言えば、やはり昔から変わらないシンプルなデザインなのに、機械仕掛けのギミックではないでしょうか。着火時は、zippoのように蓋を開けてつけるのではなく、一発で着火することができるし、火をつけてから、外してろうそくのように使うことができてしまう、優れものなんです。

やはり、子供心をくすぶるようなギミックが、人気の秘密ではないでしょうか。

カラーも、真鍮、黒ニッケル、シルバーでどれも、渋いカラーでオススメです。

価格も2000円位からで、かなりオススメ


スポンサーリンク

IMCO(イムコ)オイルライターのギミック

火力調整

空気穴

上の写真の矢印を、スライドすることで空気を取り入れ、火加減を調整することができます。空気穴を出すことで、火力がアップします。

フリント(発火石)の交換

ライターの説明

火花が出ないときや、火花の出がよわいときは、発火石の交換時期です。短い発火石が残っている場合は、取り除いてから新しい発火石をセットしましょう。IMCO(イムコ)純正のフリント(発火石)があります。しかし、近くのお店に売っていない場合もあると思います。そんなときは、zippoの発火石が代用できます。zippoの発火石の方が、流通が多いので、安心ですね。


便利機能

ライターの使い方の例
火をつけた状態で、オイルタンク部分を抜き出すと、ローソクのような使い方かたもできます。ランタンなどの狭い場所に火をつけるときに、かなり役立ちます。
注意としまして、ローソクのようにつけっぱなしはやめましょう。芯が燃えてなくなるかもしれませんし、火事のもとになるので、注意しましょう。

オイルのいれ方

オイルのいれ方
オイルのいれ方は、オイルタンク部分を抜き出して、下部のキャップを抜けばオイルを入れることができます。白い綿が、湿った感じになれば完了です。もし、漏れた場合よくふき取ってから、使用しましょう。実際に手にオイルが残っていて、手に火が着いたことがありますので、注意しましょう。


IMCO(イムコ)オイルライターでこれがやりたかった

ランタンに火をつける

IMCO(イムコ)ライターを購入した、一番決め手になった理由が、ランタンの火入れです。これがやりたくて、買いました。

普段は、タバコに火をつけて、ランタンに火をつけるときは、マッチのように取り外してランタンに火をともす。こんなにオシャレに、ランタンに火をつけることができるのは、IMCO(イムコ)ライターだけではないでしょうか。

自己満足ですが、ランタンに火をつけるたびに、買ってよかったと思えるライターですね。



まとめ

イムコのライターイメージ

IMCO(イムコ)のオイルライターは、いかがでしたか。

キャンプで使う、オシャレなライターを探していた方には、かなりオススメのオイルライターです。ランタンに火をつけるだけで、買ってよかったと思うことまちがいなしのオイルライターですよ。

最後までみていただきありがとうございました。

薪ストーブは男のロマン!冬キャンプの必需品!厳選してオススメ

ワークマンからバトニングができるフルタングナイフがデビュー!

キャンプギアと相性がいいレザークラフト!革で小物をオシャレに!

バトニングができる最強のフルタングナイフ!おすすめ!2024

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント