スポンサーリンク

ハスクバーナ手斧38cmレビュー薪割りに最適!人と違うカスタムを!

Campギアレビュー

キャンプと言えば、焚き火。

焚き火を始めるときに、大きい薪では火をつけるだけで時間がかかってしまいます。焚き火を楽しむために必要なものは、薪割りです。

最近では薪割りも、キャンプの楽しみの一つになっているのではないでしょうか。そんな時に使用する手斧の中でも人気のハスクバーナ手斧38cmをレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ハスクバーナ手斧とは

ハスクバーナ手斧の斧頭に使用されているものは、高品質のスウェーデン鋼です。スウェーデン鋼というのは、高純度の鉄鉱石をもとに不純物を取り除かれたもので、非常に硬く、切れ味が鋭く、研ぎやすいという特徴です。

柄にはヒッコリー材を使用。ヒッコリーというのは、クルミ科で非常に硬質で強靭な材料です。粘り強く衝撃に強いという特徴を持ち、衝撃耐性を必要とするものに最適な材料です。

こんな2つの素材が合わさって作られているのが、ハスクバーナ手斧です。

 ハスクバーナ手斧の仕様

  • サイズ:38cm
  • ヘッド重量:600g
  • 総重量:980g
  • 付属品:革製のエッジカバー
  • 価格:6780円前後


ハスクバーナ手斧の魅力

ハスクバーナ手斧は、キャンプの薪割り用としては、非常にちょうどいいサイズ感。このクラスの手斧のなかでも、トップクラスの人気です。

ヒッコリー材から作られた柄は、自然体のような曲がり具合が、カッコよさを倍増させてくれます。これだけのスペックがありながら、7000円前後で手にできるのも人気の一つです。

置いてあるだけで、おしゃれキャンパーの仲間入りできるくらいのデザイン性がよく、個人的にも購入して良かったと思える一本です。

ハスクバーナ手斧で薪割り・性能

ハスクバーナ手斧は、ヘッドが重いので薪を割りやすいと思いました。

力で薪を割ろうとすると打ち損じてしまうので、狙いを定めて上から振り下ろすイメージで薪を割ればうまくいきます。

刃の厚みが一番厚いところで約2,6cmあるので、うまく食い込めばパックリと割れてくれますので、気持ちいいです。

どんな手斧でもそうですが、薪に節があるときは、無理に割ろうとすると手斧と薪割り台に、かなり負担がかかって破損の恐れがありますので、あきらめも肝心です。

薪割りをする際は、手袋をつけてケガをしないように、薪割りを楽しみましょう。

ハスクバーナ手斧カスタム

手斧全部に言えることですが、ネックガードをつけるのをオススメします。

ネックガードの重要性については、下のリンクで紹介しています。

手斧のネックガード重要でした!どっち派ですか!ハスクバーナ手斧

ネックガードは付けるだけで、おしゃれになります。しかも、革製のものやパラコードを巻くなど、選択肢がたくさんあるので、人と被らないオシャレな手斧が作れます。

私はハスクバーナ手斧が一本目で、パラコードを巻いたり、革製のネックガードをつけたり、何回か変えています。

手斧は一本でも、ネックガードを変えるだけで、カスタム感が出るのも魅力のひとつです。

シースケースは純正のものだと、物足りなかったので自分で作りました。

シースケースを変えるのもカスタムの一つです。


PVアクセスランキング にほんブログ村

まとめ

ハスクバーナ手斧を紹介しましたが、いかがでしたか。

手斧は大事にメンテナンスさえしっかりしていけば、長く使えます。

また、少しずつカスタムしていくのも楽しみの一つになると思うので、やってみてはいかがですか。

最後までみていただきありがとうございました。

バンドック焚き火台ロータス 大きいのにコンパクトに収納!レビュー

薪割り台は、消耗品?手斧で薪割り!焚き火、キャンプ楽しくなる!

 

コメント