スポンサーリンク

バンドック焚き火台ロータス 大きいのにコンパクトに収納!レビュー

Campギアレビュー

キャンプに欠かせないアイテムの一つが焚き火台です。

今までいろんな焚き火台を使って、その中でも出会えてよかったと思えたバンドックの焚き火台ロータス。

そんな、バンドックの焚き火台ロータスについて、詳しくレビューしていきます。

スポンサーリンク

BUNDOK(バンドック)ロータスの仕様

  • 材質:ステンレス鋼
  • 商品寸法(長さ×幅×高さ):37×37×31cm
  • 商品の重量:約1kg
  • 収納サイズ(専用ケース付き):約33×24×3cm(厚み)
  • 専用焼き網付き
  • 価格:4980円

 

バンドック焚き火台ロータス の組み立て方

ロータスの組み立て方です。

最初は少し悩むかもしれませんが、写真の通りに、1番2番の順序で組み始めれば焚き火台になっていきます。

 

4枚組合わせたら、最後に留め具を引っ掛けます。

右側の鍵穴のような穴に、左側のロック部分を入れて引くと、ロックがかかります。

 

次に脚を広げ、脚にはめていきます。

4つの角に穴が開いていますので、脚にはめ込んでいきます。

次にトップフレームを脚のように広げて、差し込みます。

最後に焼き網を引っ掛けるように、はめ込んで完成です。

バンドック焚き火台ロータスのおすすめポイント

大きい受け皿

バンドックの焚き火台ロータスは、コンパクトサイズの焚き火台の中でも、トップクラスの広さ。

37×37cmなので、大き目の薪をそのまま入れても大丈夫です。

焚き火の際に、薪がトップフレームに少し当たることがありますが、それでも、結構大きめの薪を入れることが、できちゃいます。

コンパクトサイズの焚き火台でたまにありますが、かなり細かくしないと薪を入れられない焚き火台と比べたら、ストレスフリーで薪をくべることができます。

焚き火を楽しみたい方にも、十分すぎるサイズ感です。

料理しやすい焼き網と五徳

バンドックの焚き火台ロータスは、専用の焼き網が付いています。

もちろんお肉を焼くこともできますが、その上を五徳として使えば、料理の幅が広がります。

ソロキャンプの時には、ケトルを載せながら、ソロ用の鉄板や小さめのスキレット、フライパンなら同時に料理できる広さです。

替えように専用焼き網も販売されていますので、こちらも便利に使えますね。


焼き網を外して、トップフレームが大きい五徳になるので 、ダッチオーブン料理もできるし、ファミリーキャンプで、鍋でカレーも作れてしまいます。

トッププレートの五徳は、中心なので安定感が抜群です。

 

 

コンパクトになる

バンドックの焚き火台ロータスは、これだけ大きく使えるのにコンパクトに収納できるのです。

専用の収納ケースに入れると、約31cm×25cm厚みが3cmくらいなので、A4サイズよりひとまわり大きいだけです。

バックパック一つで行くキャンプにも、オススメできるサイズ感です。


合わせて読みたい

焚き火と一緒に料理の幅が広がる【トライポッド】デビュー!オススメ!

キャンプの焚き火するのにぴったりのローチェア(椅子)厳選オススメ

PVアクセスランキング にほんブログ村

まとめ

バンドックの焚き火台ロータスは、いかがでしたか。

 

大きさ的に、ソロキャンプでもファミリーキャンプにも使えるサイズ感です。

価格面でも、5000円前後でこれだけのスペックのものが手に入るので、使ってみる価値があるオススメの焚き火台です。

私的にですが、使っているキャンプギアの中で、トップ3に入るキャンプギアの一つになりました。

最後までみていただきありがとうございました。

アイアンランタンスタンド自作!溶接なしキャンプギアDIYコスパ最高

【ソロキャンプ】厳選!あれば便利でオシャレなサイドテーブル!!

キャンプBBQでないと困る【焚き火シート】使ってますか?オススメ!

コメント