スポンサーリンク

焚き火と一緒に料理の幅が広がる【トライポッド】デビュー!オススメ!

Campギア

トライポッドって聞いたことありますか?

私が、トライポッドを知ったキッカケは、知人が使っているのを見て

オシャレアイテムだなぁ

からはじまりました。

そんなトライポッドとは何か、どういう使い方、選び方、オススメなど、紹介していきます。

スポンサーリンク

トライポッドって何?

トライポッドとは、料理やケトルなどでお湯を沸かすために、焚き火台に設置して、吊るして使ううキャンプギアの一つです。

料理以外にも、ランタンスタンドとしても使える人気アイテムです。

三脚のものが多いので、地面が安定しない河原などでも、しっかり設置できます。

一つあれば、焚き火の場所を選ぶ幅が広がるはずです。

トライポッドの選び方

トライポッドの素材

トライポッドの素材は、スチール製、ステンレス製、アルミ製、などさまざまです。

特性としては、スチール製はリーズナブルですが、錆びやすいので注意してください。

ステンレス製は、少し高価になりますが、錆に強いです。

アルミ製のものも、リーズナブルのものが多いですが、耐荷重が少ないものが多いのでチェックが必要です。

しかし、自分のキャンプスタイル次第なので、バックパック一つで行くソロキャンプがメインの方には、本体が軽いのでオススメですね。

素材によっていろいろ特性があるので、自分のキャンプスタイルに合ったものを選ぶのをオススメします。

トライポッドの耐荷重

トライポッドの耐荷重は、商品によって違います。

ケトルやランタンなど、軽いものを吊るすために使うのであれば問題ないと思います。

ですが、人気のダッチオーブン料理に使うとなると、ダッチオーブン自体が重いので、耐荷重がしっかりしたものを選ぶ必要があります。

耐荷重をオーバーして使うと、耐え切れず倒れてしまうことも考えられますので、注意して選んでください。

焚き火台に設置できるもの

トライポッドをせっかく買ったのに、自分が使っている焚き火台に、合わないということも考えられます。

拡張した際のサイズを、チェックしてから選ばないと、ランタンスタンドにしかならなくなってしまうので、拡張サイズのチェックを忘れずにしましょう。

オススメのトライポッド

キャプテンスタッグ ブラックラベル

ダッチオーブンや大型鍋が吊るせる丈夫な三脚で、シンプル構造で組み立ても簡単。

チェーンの長さは、カギをかける位置で調節できるので、火加減の調整も楽にできますね。

商品仕様

  • 組み立てサイズ:約幅700×奥行600×高さ1435mm
  • 重量:約2,4kg
  • 耐荷重:約20kg
  • 材質:脚部・固定金具/鉄(焼付塗装)チェーン/鉄(亜鉛メッキ)


キャンピングムーン  トライポッドL

アルミ製で軽量コンパクトなのに、耐荷重が15kgと、重量鍋もいける優れものです。

四段階と、三段階で使用できるのでソロキャンプと、ファミリーキャンプ使い分けもできてグットポイントですね。

収納サイズは、40cmとコンパクトに収まるので、持ち運びにも便利です。

商品仕様

  • 展開サイズ:四段使用時(約)67,5×67,5cm
  • 展開サイズ:三段使用時(約)50×50cm
  • 重量:0,62kg
  • 材質:アルミ


バンドック  焚き火トライポッド

チェーンの長さ調節で、火力調節が可能。

バンドックのトライポッドは、三脚がペグ固定式で、開き具合を調節できます。

ペグ固定できるので、安定感も抜群ですね。

耐荷重30kgと高いので、大人数のキャンプでも安心です。

商品仕様

  • サイズ:約900×750×1350mm
  • 耐荷重:30kg
  • 材質:ステンレス鋼


ロゴス  アイアン2WAYトライポッド

ロゴスのトライポッドは、2段階の高さで使い分けられます。

アイアンという名前の通り耐荷重が、静止荷重でなんと約150kg。

大鍋料理も安心して作れますね。

商品仕様

  • サイズ:約幅71×奥行59×137/105cm
  • 総重量:3,2kg
  • 耐荷重(静止荷重):150kg
  • 材質:スチール製


トライポッドリング

野営や、ブッシュクラフトが好きな方に、オススメのトライポッドリング。

自分で木を見つけて、自分だけのキャンプサイトを演出できます。

値段も安価なものが多いので、オススメです。


合わせて読みたい

キャンプで必需品の焚き火台!オシャレなものから、定番のものを厳選!

【ソロキャンプ】料理ができる焚き火台!ピコグリルなどおすすめ!!

PVアクセスランキング にほんブログ村

まとめ

使いたいトライポッドは見つかりましたか?

トライポッドは、手ごろな価格のもの多いので、焚き火といっしょに、トライポッドデビューしてみてはいかがですか?

トライポッドは、一つの焚き火で料理の幅が広がるし、見た目もいいのでオシャレキャンパーの第一歩ですね。

最後までみていただきありがとうございました。

【キャンプのケトル】厳選オススメ!一つあれば便利に長く使えます

キャンプで使えるコーヒーミル5選!外でも挽きたてコーヒーを!

コメント